豊中市の歯医者・歯科医院|ながよしデンタルクリニック 
住所:〒560-0053 大阪府豊中市向丘3丁目8−17 エスポワール西緑丘1F
TEL:06-6844-0002

口臭外来

口臭が起こる原因は様々

口臭が起こる原因健康でお口のケアをきちんとしている方でも、ある程度の口臭はあります。口臭が「ない」ということはありません。
しかし、向かい合って喋っている距離でにおってしまうほど、口臭が強くなることはあります。その場合にはどんな原因が隠れているのでしょうか。下記に口臭が起こる原因を記載致します。

生理的な現象としての口臭

あるシチュエーションで起こる口臭

起きてすぐ、極端にお腹が減っているとき、緊張しているときは、唾液の分泌量が低下し、口腔内の細菌が増えて口臭が強くなります。しかし、いずれも歯磨きをして時間がたてば、軽減します。水分を摂るのも有効です。

ホルモンバランスの変化で起こる口臭

女性の場合、月経期間、妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって口臭が強くなります。
また男女関係なく、その年齢に応じた口臭のタイプというものがあります。これらは、それほど強くなったり不快に感じたりすることはありません。(他の原因が加わって口臭が強くなることはあります)

口にしたものが原因で起こる口臭

にんにく、ネギ、ニラといった食べ物、アルコール、煙草といった嗜好品を口にすると、一時的に口臭が強くなります。
時間とともに薄れますので、心配ありません。

口腔・身体の病気によって起こる口臭

虫歯や歯周病だけでなく、鼻・喉の炎症、消化器疾患、糖尿病、肝臓疾患などによって口臭は強くなります。
また、虫歯や歯周病ではなくても、口腔のお手入れが不足している場合には、細菌が繁殖していますので、やはり口臭が強くなります。

心理的口臭

実際には口臭が強くないのに、「におっている」と思い込んでしまうタイプです。
過度な心配はストレスになりますし、喋るときに無意識に口に手をかざすようになったり、口臭ケアグッズを手放せなくなることもあります。
お一人で抱え込むより、歯科医院を受診して、歯学的・客観的に問題がないことを知れば、改善につながります。

口臭の原因となる
口腔・身体の病気

虫歯・歯周病

虫歯・歯周病虫歯や歯周病であるということは、口腔内で細菌が繁殖しているということですので、口臭が強くなります。同様に、虫歯や歯周病でなくとも、正しいケアができておらず細菌が繁殖していれば、口臭が強くなります。
また、舌苔(舌にこびりついたプラーク・汚れ)を原因として、口臭が強くなっているケースもよく見られます。

鼻・喉の炎症

鼻・喉の炎症副鼻腔炎などの鼻の炎症、あるいは喉の炎症などで膿が出ている場合には、口腔から「口臭」としてにおうことがあります。
これらの病気が疑われる場合には、専門の医療機関をご紹介します。

消化器疾患、糖尿病、肝臓疾患

消化器疾患、糖尿病、肝臓疾患胃腸などの消化器での疾患、糖尿病、肝臓疾患などによっても、口臭が強くなることがあります。
これらの病気が疑われる場合には、専門の医療機関をご紹介します。

自宅で行う口臭予防

口臭は、ご自宅でも簡単に予防できます。ただし、口腔や身体の病気を原因として起こる口臭は、治療の必要があります。
心配な方は、まずは一度ご相談ください。

加湿器の活用

乾燥する季節、または就寝時などに部屋で加湿器を使用することで、口腔の乾燥をある程度防ぐことができます。

うがい、水分摂取

うがいや水分摂取により、口腔内に水分を取り戻す方法も有効です。

舌ブラシの活用

舌ブラシで舌苔を取り除く方法があります。歯ブラシで舌を擦ると傷つきやすいため、必ず舌ブラシを使いましょう。

緑茶・紅茶

コーヒーよりも、できれば緑茶・紅茶を飲むようにしましょう。カテキン成分が口臭を予防してくれます。

TEL:06-6844-0002 24時間WEB予約 Instagram Blog
一番上に戻る
一番上に戻る
Instagram Blog