豊中の歯医者で根管治療・親知らずの抜歯なら、ながよしデンタルクリニック

一般歯科

痛くない・こわくない治療が できるようにしよう

治療が痛くて通えないという患者様が多くいらっしゃいます。当然のことながら、痛みなく治療をしてほしいと思うのが本心です。痛くないように治療するには、当然麻酔が必要ですが、麻酔だけでは痛みを取ることは出来ても、恐怖感を取り除くことは出来ません。恐怖感を取り除くためには、静脈内鎮静法・笑気ガスという素晴らしい治療法があります。簡単に申し上げますと、半分寝たような状態で治療が受けられるので、記憶も残っており、健忘症状も出ることがございません。実際に受けられている患者様も多数おられ、安心して治療が受けて頂くことができます。

見逃さない
ながよしデンタルこだわりの虫歯治療

痛みは、歯科治療につきものです。しかり、私たちは「痛みを我慢してください」とは言いません。
「痛いから」「苦しいから」という理由で虫歯治療をためらっている方たちの現実を真正面から見つめ、「ならば痛みのない虫歯治療をしよう」と取り組んでおります。

痛みを抑えるための具体的な取り組み

正確な診断と熟練のテクニックにより歯を削る量を抑える他、歯科恐怖症の方には「静脈内鎮静法」「笑気麻酔」を安全に行うことのできる体制を整えております。
また、歯肉への注射を使用する際には、表面麻酔により針の刺さる痛みを鈍らせ、その針も極細のものを使用します。
静脈内鎮静法:全身麻酔に近い効果を持ちながら、身体の負担が少なくて済みます。半分眠ったような状態へと導き、治療を行います。「目が覚めたら治療が終わっていた」というのがよく聞く患者様からの感想です。

笑気麻酔:心身をリラックスした状態へと誘導し、恐怖心が薄れている間に治療します。静脈内鎮静法と同様、意識がなくなるわけではありません。

削る量を必要最小限に抑えた虫歯治療

削る量を必要最小限に抑えた虫歯治療歯を大きく削るということは、大きな痛みを伴うということがあります。また、その後詰め物や被せ物をするにしても、患者様ご自身の天然歯を大きく損なうことになります。
当クリニックでは、正確な診断熟練のテクニックにより、削る量を必要最小限に抑え、痛み少なく、天然歯の量を多く残す虫歯治療を行っています。

患者様と二人三脚の
歯周病治療

患者様と二人三脚の歯周病治療歯周病治療には根気が要ります。私たちはもちろん、患者様も、長い期間をかけて治療に取り組む粘り強さが求められます。具体的には、毎日の正しいブラッシングを基本としたオーラルケア。これを「セルフケア」とすると、私たちがご提供するのが「プロフェッショナルケア」です。
セルフケアとプロフェッショナルケア、なぜどちらも必要なのかと言いますと、歯周病治療でもっとも重要と言われているのが「プラークコントロール」だからです。
プラークコントロールとは、口内のプラーク(歯垢)を少ない状態で維持すること。毎日のセルフケアで除去し切れないものを、定期的にクリニックで取り除く作業を繰り返してこそ、歯周病治療の効果が見えてきます。
また、噛みあわせを改善することでブラッシングがしやすく細菌の繁殖しにくい口内環境を整え、全身の健康をコントロールすることで、さらなる効果が期待できます。
当クリニックでは、プランセンタ注射高濃度ビタミンC点滴など、身体全体の健康を維持・促進する取り組みにも力を入れております。

レーザー治療
(YAGレーザー)

大阪でも導入が少ない最新レーザー
(歯周病治療、親知らずや歯ぐきの腫れに絶大な効果を発揮します)

数ある医療用レーザーの中でも特に歯科治療に優れた効果を発揮する「Er:YAGレーザー」を導入しております。
組織の表層のみへの反応、熱の発生の抑制効果により、さまざまな場面において、正確で痛みの少ない治療が可能となりました。
大阪府内でも導入クリニックは少なく、これは「大学病院と同レベルの治療を届けたい」という私の信念によるものです。

レーザーを使用した治療・効果
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療(スケーリングとルートプレーニング=SRP)
  • 歯周病治療(フラップオペ)
  • 歯肉の切開と切除
  • 口内炎治療
  • 小帯切除
  • 歯肉のメラニン沈着ピーリング(色素沈着除去)
  • くさび状欠損(不正なブラッシングなどにより歯の根元が削れている状態)の治療
TEL:06-6844-0002 24時間WEB予約 Instagram Blog
一番上に戻る
一番上に戻る
Instagram Blog