豊中市の歯医者・歯科医院|ながよしデンタルクリニック 
住所:〒560-0053 大阪府豊中市向丘3丁目8−17 エスポワール西緑丘1F
TEL:06-6844-0002

スポーツマウスピース・ナイトガード

スポーツマウスピース

スポーツマウスピースとは

豊中でスポーツマウスピースなら、ながよしデンタルクリニックスポーツマウスピースは、さまざまなスポーツにおいて、プレイヤーの口腔・頭部を守ってくれる口腔装置です。
口腔内の歯、歯ぐき、粘膜の保護だけでなく、顎の骨や頭蓋骨・脳への衝撃緩和が期待されます。
激しい接触を伴うスポーツの中には、使用が義務付けられていたり、推奨されているものも少なくありません。また、身体を動かす以上は、少なからず接触・衝突のリスクが伴います。スポーツの種類や競技レベル、年齢を問わず、スポーツマウスピースの使用をおすすめします。

期待できる効果

起きてすぐ、極端にお腹が減っているとき、緊張しているときは、唾液の分泌量が低下し、口腔内の細菌が増えて口臭が強くなります。しかし、いずれも歯磨きをして時間がたてば、軽減します。水分を摂るのも有効です。

院長が一つ一つ丁寧に作製します

当院では、これまで数多くのアスリートにスポーツマウスピースを提供して参りました。
市販のマウスピースとは異なり、型取り・調整を経て、患者様のお口にぴったりと合うマウスピースをお渡しすることができます。
カラーバリエーションも豊富に揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

スポーツマウスピースの使用をおすすめするスポーツ

装着が義務化されているスポーツ

オーダーメイドのスポーツマウスピースを作製する豊中の歯医者なら、ながよしデンタルクリニック・アメリカンフットボール
・ラグビー(13~19歳)
・ボクシング、キックボクシング、その他顔を殴打される格闘技全般
・女子ラクロス
・アイスホッケー(20歳以下)
・フィールドホッケー(中学生)

装着が推奨されているスポーツ

・野球、ソフトボール
・バスケットボール
・バレーボール
・ハンドボール
・柔道
・相撲
・ラグビー(年齢問わず)
・アイスホッケー(年齢問わず)
・フィールドホッケー(年齢問わず)
・テニス
・水球
・綱引き
・ゴルフ
・モータースポーツ
・体操
・トランポリン
・スキー
・スケートボード

ナイトガード

ナイトガードとは

ナイトガード歯ぎしりに効果的なナイトガードの作製をする豊中のながよしデンタルクリニックとは、就寝中に装着するマウスピース型の装置です。
主に、歯ぎしりをしている方に対して、歯のすり減り予防として使用されます。また、顎関節症の治療の一環として使用されることもあります。

歯ぎしりについて

歯ぎしり予防にナイトガードを作製するながよしデンタルクリニック歯ぎしりは、顎関節症、ストレス、咬み合わせの乱れなどが原因とされています。
歯ぎしりの治療は、原因に応じた対処が必要になりますが、ナイトガードの使用により、歯のすり減りに対して即効性が認められます。また、装着により顎回りの筋肉をリラックスさせたり、「歯ぎしりの心配がない」という安心感が得られることから、症状の軽減が期待できます。

歯ぎしりによる悪影響

歯ぎしりは、以下のように、さまざまな悪影響を及ぼします。
日中に意識的に再現するのが難しいほどの力で歯ぎしりを起こすこともありますので、できるだけ早くナイトガードの使用を検討し、並行して歯ぎしりの原因を探り、改善していくことが大切です。

・歯のすり減りが加速
歯は、使っているうちに少しずつ少しずつ、すり減っていきます。年齢を重ねると知覚過敏が起こりやすくなるのは、このことも原因になっています。歯ぎしりは、この歯のすり減りを大きく加速させます。象牙質だけでなく、神経まで露出してしまうことがあります。

・歯周病の発症・悪化
歯ぎしりで負担を受けるのは、歯だけではありません。歯ぐきや顎の骨も、同じように圧迫を受けます。特に顎の骨への影響が大きく、吸収が進むことで歯周病が発症・悪化するリスクが高くなります。

・破折
強い力が加わると、歯が折れてしまうことがあります。

・被せ物が壊れる・取れる
レジンだけでなく、セラミックも強い歯ぎしりで壊れたり取れてしまうことがあります。

・顎関節症の発症・悪化
歯ぎしりは顎関節にも強い力をかけます。筋肉が常に緊張するようになり、顎関節症を引き起こすことがあります。

ナイトガードのお手入れについて

丁寧に扱うことで、ナイトガードも長持ちします。正しい方法でお手入れをしましょう。

①使用後の洗浄

朝、ナイトガードを外したら、流水に当て手洗いをしましょう。その後、やわらかい布で優しく水分を拭き取ります。

②洗浄剤で殺菌

手洗いだけで長く使っていると、においが発生することがあります。定期的に、洗浄液に浸けて殺菌しましょう。こちらは、毎日でなくとも結構です。

③定期的に歯科医院でチェック

長く使用していると、変形したり、すり減ります。定期的に歯科医院に持って行き、チェックしてもらいましょう。

 

TEL:06-6844-0002 24時間WEB予約 Instagram Blog
一番上に戻る
一番上に戻る
Instagram Blog